共感的ナビゲーターとは

共感的ナビゲーターとは、相手の中で起きていることを理解しながら、その波動に巻き込まれない人のことです。 

また、セッション中、私生活においてすぐに自分のポジションに戻れる人を言います。 

エンパワーメントされた共感的ナビゲーター(自分の力を保持した)

  • 強く生き生きとしたエネルギー場 
  • 心の知性がある 
  • 直感的 
  • セルフケア(自分を大切にすること)を優先 
  • 本人も活力に満ちている 
  • 内なる平和がある 
  • 誠実で、人間性がある 
  • 思いやりと理解がある 
  • 自分を愛し、自分の価値を認めている 

共感的ナビゲーターの条件1

  • 謙虚になり、自分はエネルギーヒーリングの仕組みの全容を理解できないと認めること 。
  • いかなる複雑な信念体系にも執着せず、常に開かれた、バイアスのない意識状態であること 。
  • 理屈を超えた非日常なことが起きることに任せること 。
  • 自分は、想像を遥かに超えた知識と能力とパワーを既に持っていることを知ること 。
  • 自分は既にナビゲーターであることを理解し、自覚すること。 
  • ここでの課題は、自分の中に内在するものを発見し、それが楽々と出てくるに任せること。 

共感的ナビゲーターの条件2

  • 絶対的な安心感の場を作る ことができる。
  • 求められていないアドバイスをしない 。
  • 相手、クライアントの話を遮らない。
  • 断られることを快く受け入れる(相手に選択権を与える) 。
  • オカルト、スピリチュアルストーリーを伝えない 。
  • 身体の症状と心理を結びつけないこと 。

共感的ナビゲーターの条件3

  • 自己鍛錬を惜しまない 。
  • 常に新しい取り組みをする 。
  • アウトプットを意識がける 。
  • ナビゲーターは職業ではなく『生き方』と知る 。
  • 自分を癒す為に投資する 。
  • クライアントに言う前に、まず、自分のハートに言うことができる。

共感的ナビゲーターの倫理と責任のついて

  • いかなる時も主権と責任は自分にあり、何事も選ぶことができると自覚すること。
  • この仕事を誰からも頼まれていない、自主的に仕事をしているという認識をもつ。 
  • どのヒーリングセッションにおいても『今ここ』にいて、マインドとハートを開き、「愚か者になってもいい(変な人に見えてもいい)」と思えること。 
  • できる限り透明な筒(パイプ)になるための器と場を意識的につくる。 
  • 明確な意図を持って、健全な境界を張り、誠実な気持ちで、自分が安心している状態で共振共鳴の場にのぞむこと。 
  • 常に自分が安定している(安定した)状態を作ること。そのために必要なことを全て行う。 
  • 関わっている全ての「他の存在たち」とコミュニケーションしながら、チャネリング状態を呼び起こす。 
  • 常に愛と敬意、感謝、謙虚さにあふれた他自分でいる、その姿を意識し心がける。 
  • トランス状態に入り、自分を開くために必要なことを全て行う。 
  • 全員の最高最善のために高次元の存在を呼び、迎え入れる。 
  • 融合(ブレンド)しながら流れに添うこと。視えない存在たちの助けを呼ぶことができる。 
  • なるべく完全な融合になるように、必要な調整をおこなう。 
  • 時間をかけて行う。途中で止まったり、静かな時間を取ったりして、常に起きるべきことに意識を開き続ける。(受け身になる) 
  • エネルギーが引き始めた時に気づき、そのままスムーズに完了するようにする。 
  • クライアントにお礼を言い、関わってくれた全ての存在達にお礼を言う。自分も相手の謝意を受け取る。 
  • 必要なだけ時間をかけてトランス状態から穏やかに、完全に抜け出す。クライアントの意識が身体へと戻り、グラウンディングするための時間を充分とる。 
  • 自分のエネルギー場と境界線を整え直し、自分のグラウンディングに必要なことをし、整える。 
  • チャネリング情報の内容については、守秘義務を守る。 
  • 判断力、見極める力を磨く:自分の知性、感覚、直感、本能を使い、より意識的に生きる。 
  • 自分を許す:自分の弱点、限界、失敗や間違い、守れなかった約束を全て認め、受け入れる。 
  • 練習するという決意を守り、よりスムーズなワークをするための基盤を作る。 「すべてなるもの」に独自のユニークな貢献をする。